幸せなウェディングを神前式で!

神前式の魅力をわかりやすくお伝えします

東京で神前式を挙げるなら…おすすめの神社ランキング

幸せなウェディングを神前式で! » プレ花嫁必見!神前式の基礎知識 » 好まれる花嫁のヘアスタイルって?

好まれる花嫁のヘアスタイルって?

神前式の衣装は、主に白無垢(しろむく)に色打ち掛け、黒引き振り袖の3種類に分けられます。

神前式の衣装ごとの髪型について

ここでは、衣装ごとに似合う髪型についてご紹介します。

白無垢

白無垢のヘアスタイルとはもっとも格の高い花嫁衣裳といえます。 打ち掛け(一番上に掛ける着物)と掛け下(打ち掛けの下に着る振り袖)、その他の小物類はすべて「白」で統一します。

また白無垢と綿帽子の組み合わせは、挙式白無垢のときのみ許されます。

あるいは角隠しも合わせられます。 白無垢の場合、和装の髪型は「文金高島田」です。

「文金高島田」とは、トップの髪の根元を高くしてふくらませた「島田髷(まげ)」と呼ばれる女髷に、「鬢(びん)」と呼ばれる両サイドの髪と前髪をふくらませた髪型です。

文金高島田はカツラでもいいのか、との疑問がありますが、問題ありません。 文金高島田のカツラには半カツラもあります。半カツラは「文金高島田」の特徴そのままに、お顔回りの髪をカツラになじませて結い上げるスタイルで、いたって自然な仕上がりになります。

文金高島田で披露宴に出る場合には、「角隠し」や「綿帽子」を外します。 「角隠し」は、文金高島田を飾る帯状の白い布です。格のある落ち着いた雰囲気が魅力。角隠しの由来には諸説ありますが、「角を隠して夫に従順になるよう」といった意味があるといわれています。

「綿帽子」は、花嫁が白無垢を着る時にだけ「文金高島田」の上からかぶる袋状の白い絹の布で、奥ゆかしい雰囲気になります。額や横顔がすっぽりと覆われるようにしてあり、「結婚式が済むまで新郎以外の人に顔を見られないように」というのが由来だそうです。

ところで、半カツラで「角隠し」を外すときは要注意。花嫁さんには意外に知られていないですが、外すと額が広く見えます。半カツラで臨む人はお気をつけください。

色打ち掛け

室町時代に武家の女性が羽織のように打ち掛けて着ていたことが名前の由来で、白以外の打ち掛けを色打ち掛けといいます。

結婚式の挙式では白無垢、披露宴で色打ち掛けを羽織るのが一般的ですが、色打ち掛けも白無垢と同格の婚礼式服で、神前式で着用できます。

この場合の衣装としては、色打ち掛けと角隠しの組み合わせが一般的です。 最近は、色打ち掛けに洋髪の人が増えています

生花やコサージュ(夫人が洋服の胸や襟元などにつける花飾り)、髪飾りに編み込みなどをあしらいます。

鬘が似合わない人や恥ずかしい人でも大丈夫で、重たくも窮屈でもなく安価に済む点や、洋装への着替えに便利なところが受けているようです。

黒引き振り袖

花嫁ならではの引き振り袖(お引き摺り=振り袖の裾を引いた振り袖)も人気です。

原則として挙式で着られる振り袖は、一般的なものではなく、黒地の引き振り袖(黒引き)のみですが、現在は白地など黒以外の引き振り袖を着る人もいるようです。

神前式での挙式は魔よけの意味もあり、白無垢ならば綿帽子、それ以外は角隠しを必ず着けるのが慣わしです。

神前式では角隠しを合わせるようにするのが一般的ですが、色打ち掛け同様に洋髪のコーディネートも増えています

 
ページの先頭へ
幸せなウェディングを神前式で!