幸せなウェディングを神前式で!

神前式の魅力をわかりやすくお伝えします

東京で神前式を挙げるなら…おすすめの神社ランキング

幸せなウェディングを神前式で! » プレ花嫁必見!神前式の基礎知識 » 衣装は何を着る?

衣装は何を着る?

神前式の場合、和装でないといけないというわけではありませんが、やはり和装を選ぶ方が圧倒的です。

一言で「和装」といいましても、和装の代名詞でもある「白無垢」をはじめ、本当に日本の「和」を実感できるさまざまな和装スタイルがあります。

神前式で着用したい衣装のあれこれ

新婦の和装スタイルには以下のようなものが挙げられます。

白無垢
室町時代から受け継がれている婚礼衣装で、日本の伝統和装です。全身を白で統一した和装になります。

色打掛
白以外の色を用いた鮮やかな打掛のことです。一般的にお色直しで用いられ、縁起ものを刺繍した打掛や、織り模様を施した打掛が人気です。

引き振り袖(本振袖、大振袖)
裾を引いた振袖のことで、「お引き」、「お引きずり」、「本振袖」、「大振袖」などとも呼ばれます。

引き振袖 黒引き
引き振袖の中でも特に人気が高いのが「黒引き」と呼ばれる江戸時代の武家の娘の婚礼衣裳として用いられていた引き振袖です。その名の通り、黒を地色としたクラシカルな和装です。

十二単衣
平安時代にさかのぼる日本古来の伝統衣装です。皇室の方の婚礼の際にご覧になったこともあるかもしれません。非常に伝統的で格式ある日本の象徴的な和装といえるでしょう。

教会式を挙げた方でも披露宴などのお色直しで着用されることもあるほど人気があります。

また、新郎の和装スタイルには以下のようなものが挙げられます。

紋付き羽織・袴
自分の家の家紋が施された五ツ紋が正装です。新婦の和装スタイルは様々ですが、新郎の場合は紋付き羽織・袴になります。

衣冠束帯
新婦が十二単衣の場合、新郎は衣冠束帯になります。平安時代の貴族のような格調の高さは衣冠束帯を着用しなくては出ないでしょう。

一般的には紋付き羽織・袴を着用されることが多いです。

 
ページの先頭へ
幸せなウェディングを神前式で!