幸せなウェディングを神前式で! » プレ花嫁必見!神前式の基礎知識 » 衣装は何を着る?

衣装は何を着る?

神前式の場合、和装が一般的です。もちろん必ず和装でなければいけないというわけではありませんが、日本古来の伝統的な結婚式を希望する花嫁は、やはり和装を選ぶ方が圧倒的に多いようです。

一言で「和装」といいましても、和装の代名詞でもある「白無垢」をはじめ、日本の「和」と「伝統」「美」を実感できるさまざまな和装スタイルがあります。新婦の和装スタイルには以下のようなものが挙げられます。

白無垢

白無垢
室町時代から受け継がれている婚礼衣装で、日本の伝統和装です。

全身を白で統一した和装になります。

純白の衣装は、花嫁の清く美しい姿をより引き立ててくれます。

実際には、白でありながら柄や素材などさまざまなものがあります。

色打掛

色打掛
白以外の色を用いた、鮮やかな打掛のことを指します。

一般的にお色直しで用いられるもので、縁起ものを刺繍した打掛や、織り模様がほどこされた打掛が人気があります。

ゲストの目にも華やかに映るので、花嫁の美しさをより引き立ててくれますよ。バリエーションが豊富なので、あらかじめどんなものが良いかイメージしておきましょう。

引き振り袖(本振袖、大振袖)

引き振袖(本振袖、大振袖)
裾を引いた振袖のことで、「お引き」、「お引きずり」、「本振袖」、「大振袖」などとも呼ばれます。

裾にふき綿を入れて少し膨らませてあるのが特徴で、格式の高い礼装といえます。

江戸時代からある裾を引きずって歩く和装で、袖がくるぶしまでありその長さは約120cmほど。どんな模様の衣装を選んでも袖が揺れる度に、見る人の目に美しく焼き付くでしょう。

引き振袖 黒引き

引き振袖黒引き
引き振袖の中でも特に人気が高いのが「黒引き」と呼ばれる江戸時代の武家の娘の婚礼衣裳として用いられていた引き振袖です。

黒を地色に華やかな柄が艶やかに浮かび、長めの裾を引きずるようにした古風な雰囲気をもつ正式な婚礼衣装のひとつです。

白無垢は「あなたの色に染まります」という意味に対し、黒引きは「あなた以外の色に染まりません」という意味があるのだとか。

十二単

十二単
平安時代にさかのぼる日本古来の伝統衣装です。

皇族の方の婚礼で目にしたことがあるでしょう。非常に伝統的で格式ある日本の象徴的な和装といえるでしょう。

色の重ねに日本の雅を感じさせる美しさと荘厳な雰囲気があり、教会式を挙げた方でも披露宴などのお色直しで着用されることもあるほど人気があります。

衣冠束帯

衣冠束帯
新婦が十二単衣の場合、新郎は衣冠束帯と呼ばれる衣装になります。

平安時代の貴族のような独特の格調の高い衣装です。

十二単衣と併せて荘厳な雰囲気は、衣冠束帯でなければ出せないところですが、抵抗のある人は紋付き羽織・袴とすることもあるようです。

紋付き羽織・袴

紋付き羽織、袴
本来挙式では、自分の家の家紋が施された五ツ紋が正装です。

一般的に黒が主流ですが、グレーや白などもあります。

色紋付き袴もあるものの、こちらは略礼装なので披露宴向きとされています。

東京で神前式をあげるなら…二人にピッタリな神社をチェック
東京で神前式をあげるなら…二人にピッタリな神社をチェック