幸せなウェディングを神前式で!

神前式の魅力をわかりやすくお伝えします

東京で神前式を挙げるなら…おすすめの神社ランキング

幸せなウェディングを神前式で! » プレ花嫁必見!神前式の基礎知識 » キリスト教式との違いは?

キリスト教式との違いは?

ここでは、神前式とキリスト教式のちがいや、それぞれの魅力についてご紹介しています。

キリスト教式との違いは魅力でもある

これから結婚式を計画される人が迷われるのが、神前式とキリスト教式の違いと、それぞれの魅力についてではないでしょうか。

まず大きな違いといえば、参列者です。キリスト教式は家族と親族のほかに、友人にも参列してもらうことができます。会場に余裕があるのであれば、どなたでも挙式に参列できるというのが一般的とされています。

それに比べて、神前式は基本的には、家族と身近な親族のみで行うことがほとんどです。最近では、広い会場を設けている式場もあり、友人の参列が可能なところも増えてきています。

もうひとつは、様々な作法や独特の所作があるということです。誓盃の儀(せいはいのぎ)で三三九度の盃を行ったり、玉串を奉納する玉串奉奠(たまぐしほうてん)など、キリスト教式よりも多くの作法があります。難しそうなイメージがありますが、どれも簡単な作法ですし、リハーサルで確認できますので、安心して式に臨めます。

全体的なイメージの話をすると、キリスト教式の方が華やかな印象をお持ちの方が多いかもしれません。フラワーシャワーで皆から祝福される光景を思い浮かべる方も多いでしょう。ウエディングドレスでバージンロードを歩くことは一生に一度だからと考える人も多いでしょうが、それは神前式にもいえることです。

様々な儀式や雅楽、和装をはじめとする、日本古来の凛とした伝統美が印象的な挙式スタイルですので、こちらもまた一生の思い出となることは間違いありません。神社での挙式を希望している場合は、プランナーなどに相談してみるといいでしょう。

 
ページの先頭へ
幸せなウェディングを神前式で!