幸せなウェディングを神前式で! » プレ花嫁必見!神前式の基礎知識 » 教会式・人前式との違いは?

教会式・人前式との違いは?

理想の結婚式を挙げるために知っておきたい教会式・神前式・人前式の違いについて具体的に説明します。
結婚式のやり方について理解して、二人の一生に残る忘れられない結婚式にしてくださいね。

結婚式には大きく分けて、「教会式」「神前式」「人前式」の3つのタイプがあります。
中でも最近特に人気が高いのが、人前式の結婚式です。

ここが違う!人前式と神前式

人前式とは、簡単に言うと自由なスタイルの結婚式です。
その特徴を挙げてみました。

このように、人前式は従来のような神の前で結婚を誓う式と違って、もっとフレンドリーでオープンな結婚式です。オーソドックスな結婚式では、場所や進行などある程度の流れが決まっているものですが、人前式は全くの自由。自分らしい結婚式を望んでいる人にはぴったりのスタイルです。

ここが違う!教会式と神前式

結婚式を予定している人のほとんどは、教会式と神前式のどちらのスタイルを選ぶかで迷うものではないでしょうか。
これまでの結婚式のスタイルで主流となっているのは、教会式と神前式です。
教会式とは、キリスト教式ともよばれています。教会で、神聖な雰囲気の中で神の前で結婚の誓いをして指輪の交換をします。
神前式は、結婚を家と家の繋がりと考えて両家の親族が参列して神殿で行う日本に古くから伝わるスタイルです。
ちなみに、人前式は従来の形式にとらわれずもっとオープンにイベントとして行う結婚式をいいます。

それでは、それぞれの結婚式をもう少し具体的に比較してみましょう。

神前式はこんな式

よくある疑問 神前式と教会式、両方挙げることはできる?

このように、結婚式には3つのスタイルがあります。それぞれに特徴がありますので、どれにしようか迷うとなかなか決められないものです。中には、両方のスタイルで結婚式を挙げたいというちょっとわがままな人もいるようですが、実際にそれは可能でしょうか。

例えば、親族を主として神前式で挙式してから、今度は親族や友人たちと人前式から披露宴を行うといったスタイルを予定しているケースもあるようです。「親とバージンロードを歩きたい」「ウェディングドレスと白無垢を両方着たい」など花嫁にはいろいろな夢があるものです。また、高齢の祖父母の希望に合わせて行いたいといったケースもあるようです。そこで、通常ならどちらか一つに決められるものですが、希望をいっぺんに叶えたいわがまま女子のためには2つの場を設ける必要があるかもしれません。
ただし、よく考えてみると、神前式~人前式~披露宴と3つのイベントに出席しなければいけない家族や親族にとっては、長時間拘束されるためかなりの負担を強いることになります。
ですから、現実的には、両方の結婚式を挙げることは可能ですが、いくつかの問題をはらんでしまう可能性があります。また、予算もかなりアップすることは避けられません。

それでも両方のスタイルで挙げたいのならば、家族や親族の了解を得ることが大切です。

またもう一つのやり方として、日を改めて行う方法です。別の日に希望の衣装でフォトウェディングとして写真撮影をする人もいるようです。

いずれにしても、主張ばかりをする前に、なぜ両方のスタイルで結婚式を挙げたいのかもう一度見直してみることをおすすめします。本当に必要なのはどのスタイルか、費用との兼ね合いなども含めてよく考えてみましょう。

東京で神前式をあげるなら…二人にピッタリな神社をチェック
東京で神前式をあげるなら…二人にピッタリな神社をチェック